FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Joyful Noise Tour 2012: Lakeland, Florida 

JNT2012の4日目、フロリダ州レイクランドです。
最後のフロリダですね~。クレイも中一日お休みして、インフルエンザもだいぶ良くなって来たようですよ。

会場は少しアラビアンな雰囲気のPolk Theatreです。

Polk Theatre

ここLakelandは、おとといの海のそばにあるClearwaterから、少しフロリダ半島内陸に入った、名前のとおり湖が点在している風光明媚で閑静な住宅街です。あまり大きい町ではありませんが、日本でもチェーン展開をしているシーフードレストランの本家、アメリカの「Red Lobster」の創業地がここだそうです。むむ、内陸の町が発祥だなんて意外ですね

PolkTheatre1 PolkTheatre2

でも、劇場の座席数は1400席とSarasotaに次ぐ広さです。そこが1階は満席、2階のバルコニーがけっこう空席があって、70%ほどの観客の入りだったそうですよ。平日にしてはまあまあでしょうね。

さてコンサート内容です。
会場が広いせいか、はたまたクレイの体調が戻って来たせいか、今日は今までになく彼の声が深く、高く響き渡っていて、Cellcertでそれを聞いていたCVの常連さん達は、今日のお客さんをとても羨んでいました。Cellcert自体の音声もとてもクリアで聞こえやすかったそうです。これまでほとんど聞こえない時もあったので、私も情報が拾いやすくて助かりました(笑)

SET LIST - Nov 27 Lakeland
All is Well
Christmas Waltz
O Holy Night
Away in a Manger/Little Town of Bethlehem/Silent Night
Hark The Herald Angels Sing/O Come All Ye Faithful
Story
Mary Did You Know
Story banter/Jacob Leaving
O Come, O Come Emmanuel
Welcome To Our World
Most Wonderful Time/Sleigh Ride/Jingle Bells/Winter Wonderland
Story
Merry Christmas With Love
What Are You Doing New Year's Eve
Fan Banter - Christmas Songs in Bucket
Joy To The World
The First Noel
Story
I'll be Home for Christmas/The Christmas Song/Have Yourself a Merry Little Xmas
My Grown Up Christmas List
Band Intro
Don't Save it All for Christmas Day
All Year Long

「Joy To The World」が入って来ましたね!私にとっては、MCWLのアルバムの中でも好きな歌の一つです。Clackが楽しみです これまでもメドレーを少しずつ変えてるし、クレイは毎回同じセットリストにはしないつもりでしょうかね。

そして、今日は少しだけスペシャルがありました。
初日のWest Palm Beachで前列に座っていてクレイから話しかけられ、「遠くから来てくれたから」と翌日Sarasotaのチケットをプレゼントされた日本人とブラジル人の方々のその後の話を、クレイはトリの歌「Don't Save it All for Christmas Day」前のBanterで披露したんです。

ちなみに、いつもこの歌の前では、少しそれまでとは違った話をしていて、ファンをねぎらう話や自分がこれまで経験した良い話など、最後にふさわしいBanterになっていて、話が終わる前から演奏が始まっていて、終わったと同時に歌詞に入るという離れ業をクレイはやっています(笑)
そこに、突然「Japan」と出てきたので、CVの常連さん達のコメントを読んでいた私はビックリしました

これは、Satoruさんのブログを読んだ方はお分かりになるかと思いますし、私も前記事で少し触れましたが、この日本人(仮にAさん)は最近クレイのファンになり、「Xmasコンサートがあるなら」と日本からお一人でいらした方です。

でも、Sarasotaまでは行くつもりがなかったらしく、チケットはもらってもWPBからの足もなく、どうしようということになり、コンサート後に彼女の周囲にいたClaymatesがたくさん寄って来て「足はなんとかするから、絶対行かなきゃダメよ!」とすすめられて相談することになり、結局はあるファンが自分のお仲間と一緒に車で移動する算段をつけたようですね。

そして、Sarasotaに早めに着いていたAさんとブラジル人のお二人、そして二人を連れて来たアメリカ人のファンの3人はまたもやのラッキーで、その日のM&Gに急きょ参加を許されたんです。クレイはその時に、彼女からこれまでのアメリカでの経緯を詳しく聞いたんでしょう。そしてClaymatesみんなの親切な行為に、「これを今度話してみよう」と思ったんでしょうね。「それこそ君達だ」と嬉しそうに話していました。
そして、それをCellcertで読んでたCVの常連さん達は「彼は私達が大好きよ♥」と大喜びし、ある人は「日本人の彼女が見知らぬ国で見知らぬ人達と一緒に車に乗るガッツあるのがすごいわ」と感心していました。

そのBanterシーンのClackが既にYoutubeにアップされてます。またその直後の「Don't Save it All for Christmas Day」は本当に素晴らしい歌いっぷりでしたよ。

ScarlettさんのビデオがGoogleリストに先にアップされていますので、それらでぜひクレイの素晴らしい歌を聴いてみて下さい。

121127_JNT12_Lakeland - Video by Scarlett



それにしても、Aさんやブラジル人の方々のラッキーさは、これはもう「運」としか言いようがないでしょうね~。これぞビギナーズ・ラックでしょう

それに、お二人をWPBから車で連れて来た方なんですが、彼女にもさらなる幸運があったんです。歌の合間のXmasエピソードの選抜になったんですよ!だから、彼女はそのための準備をしなくてはならず、M&Gが終わってもずっとクレイと劇場でリハーサルをしていたわけです。
この日はなんていうラッキー続きな日だったでしょうか。Aさんを通じて、皆さんがクレイと何かしらの「縁」があったわけですね。

私もいつかそれにあやかれるように、まずはクレイのコンサートに行けるようにしないとね

irishbookgal.smugmug.com - Lakeland JNT 2012

Lakeland5.jpg Lakeland6.jpg

by sidney

この記事へのコメント

Re:Joyful Noise Tour 2012: Lakeland, Florida

すごいすごい!!
でも、正直、私達がグループで行った時に、もう少し
気を使って欲しかったですね。。。
まっ、 一人でアメリカまで行く度胸。。。わかります。 クレイメイトさんが彼女の面倒をみてくれたのもやはり、ファン同士だから、信頼で来るのよね。笑 (一人でブラジルへ行って、ネットでしか会ってない人の家に泊まるなんて。。。度胸据わってる!笑) まっ、それは別として。。。 

クレイも嬉しいでしょう。 わざわざ日本から彼のコンサートを見に行くなんて。。感謝してくれなかったら、おかしいよね。

グループで行った時に感謝してもらったと思いますが、せめて、全員でM&Gをして欲しかったですね。(まだ言ってる。。。!)

私はSt. CharlesとMilwaukeeへ行ってきますね。まだ2週間ですが・・・

Re:Joyful Noise Tour 2012: Lakeland, Florida

HSGIRLさん、本当にすごいラッキー事件ですよね~!
たしかに、2007年のSRHPツアーの13人を連れて行かれたHSGIRLさんにとっては、本当に大変なことだったでしょうね。大人数でいくつものコンサートホールとホテルを移動したんですから。
多分、クレイも大人数の日本人が来てるっていうのは知っていても、それがどれだけ大変なことだったのか、あまりピンと来なかったんじゃないでしょうか。唯一M&Gに当選したアーミンも、そこまで詳しく話せなかったでしょうしね。
ああ、でも本当に羨ましいです。Aさん本人は、この幸運に気が付いているんでしょうか?(^^;)

とにかく、HSGIRLさんはこれからの2公演、充分に楽しんでください!クレイの声も絶好調ですし、期待大ですね!
ああ、私もいつかクレイの生歌聴けますよように!(笑)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clayarmin.blog74.fc2.com/tb.php/762-b3fd64e7

                     
follow me on Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。