1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAY 2 and 3  

クレイの大変なニュースを知ったのは法事で実家に帰る朝でした。
幸か不幸か昨晩帰宅するまでは、ネットにアクセスできなかったし、クレイ本人からのコメントが出ていない以上、この件について語るのは止めようと思います。
どのような真実が待っていようとも自分なりにどう受け止めるかについては結論が出ましたが…。

ずっとメディア出演を追っかけるのに忙しくて、旅の記録が中断していたので、そろそろ続編を開始しましょう。
今からたった1ヶ月少し前の出来事なのに、その後のメディア出演ラッシュと今回の爆弾ニュースが飛び込んだせいで、もう遠い昔のような気がしてなりません。
当時はクレイをとても身近に感じられたのに、まるで夢の出来事だったような…。
でも本当に素晴らしい思い出ができたことだけは事実です。

5月3日(金)はマチネー公演をA101で鑑賞。
手を伸ばせば届きそうなところにクレイが倒れている(死んでいる)シーンがあって、クレイの胸が呼吸で上下するのを思わず凝視しちゃいました。
公演終了後、急いでSDに駆けつけたら、3列目ぐらいに陣取ることができ、サインをゲット。
この日はkaoruさんのこの作品↓にサインをしてもらいました。

IMG_0724_convert_20080606130815.jpg


そして夜の公演はSDだけに集中して臨戦態勢は万全。
マチネー終了顔はPlanet Hollywoodに行ったり、Virgin Mega Storeに偵察です。
CTNさんご夫婦とも合流し、Hollywood Planetへ出陣!?
そう、ここは巨大なレストランが入っているんです。
CTNさんのご主人のお言葉に甘えて、ランチをご馳走になりました。
私達のテーブルについたウェイトレスの若い女の子が日本行きに興味を示していましたよね。
優しく声をかけていたご主人。
名古屋のお店で働きたいって本気で言い出すのではないか、って思っちゃいました。

IMG_0507_convert_20080606004756.jpg


残念ながら、Planet Hollywoodにはまだクレイのサインがありませんでした。
店の人によると他のストアで展示される可能性もあるのだとか…。
ラスベガスに行くことがあればそちらのPlanet Hollywoodも要チェックですね。
クレイが言っていたとおり、豪華セレブの手形が店のあちらこちらに展示されていました。
シュワちゃんの手形が思った以上に小さかったのが印象に残っています。

まずはまだアップしていなかった5月2日夜のSDの写真です。
IMG_0496_convert_20080605235434.jpg

IMG_0497_convert_20080605235523.jpg

IMG_0498_convert_20080605235651.jpg

IMG_0500_convert_20080605235730.jpg


そして5月3日の夜のSD。
最前列に陣取ったので結構いい写真が撮れました。

まず、Seanが現れました。サインはしなかったけど私達の呼びかけに手を振って答えてくれました。
可愛い笑顔でしょ!
IMG_0538_convert_20080606005106 REVISED


そしてクレイの登場。
IMG_0541_convert_20080606005137.jpg

IMG_0522_convert_20080606004918.jpg

IMG_0542_convert_20080606005209.jpg

IMG_0523_convert_20080606004956.jpg


だんだんクレイが近づいてくるんです。

IMG_0543_convert_20080606005236.jpg


WARNING!!
急接近です!!

IMG_0544_convert_20080606005300.jpg


こんなに側にいるのに、ホッペにキスすれば良かった!!
まあそんなことしたら、Jeromeに即刻逮捕されちゃいますけどね…。

IMG_0545_convert_20080606005328.jpg

IMG_0546_convert_20080606005400.jpg

IMG_0547_convert_20080606005424.jpg

IMG_0548_convert_20080606005453.jpg


最後にHannahさんも現れました。
彼女の歌声には圧倒されっぱなしでした。
とにかく素晴らしい音域と声量、ステージでの存在感なのです。
さすが数々の賞を取っただけの真の実力派女優さんです。
IMG_0551_convert_20080606005524.jpg


そしてついに最終公演の日、5月4日へと突入ですが、長くなったので続きは後日。
スポンサーサイト

Shopping in NYC and the Upcoming Shows with Clay 

私達はNY滞在中におもにウィンドーショッピングを楽しみました。NY到着翌日にまず私達が訪れたのは 私が大好きなDiane Von Frustenberg 前記事参照。本店ということで今シーズンのものは全部出揃っている、と思いきや、意外にも日本の店頭で出されている品数と変わらない、ということに気づきました。やっぱり日本人は上顧客だからあらゆるものが東京でも入手できるんですね。
DVFのドレスは似たような物をすでに持っているので私は今回は見送りましたが、FMCさんはラップドレスがとても気に入って、香水と一緒にお買い上げ。
彼女はこのドレスをNY滞在中の勝負服に使用することになりました。
こちらがFMCさんがNYで身に付けていたドレスです。DVFのドレスはたたんでもシワにならず旅のお供にはかかせないアイテムのひとつです。

その後、ポール・マッカートニーの愛娘である、Stella McCartneyのお店ものぞきました。とても心奪われるサマーカーディガンがあったのですが、メンテが大変そうなので、ギリギリの段階であきらめました。彼女の出しているAdidasと組んだスポーツラインは私がよくジムで愛用するアイテムでもあります。『カッコ可愛い』がいっぱいのブランドです。

SOHO近くには、個性的なセレクトショップが立ち並び、さすがにアーティストの街だけあって、面白いものがたくさん並んでいました。

前記事で書いた Used Book Cafeにも立ち寄り、好きな作家の本を3冊購入。
すべてボランティアで成り立っているというこのお店。コーヒーを飲みながら、Laptopをテーブルに広げて調べ物をしている若者が数人。ここだけは時間がゆっくりと流れているかのようで、NY最高の隠れ家、と呼ばれるのもうなづけます。
クレイが気に入ったという『Kite Runner』はまだ読んでいなかったのですが、NY行きの飛行機の中で同作品を上映していたのです。クレイに会いに行く旅の途中で偶然見ることになるなんて、とても不思議な偶然を感じてしまいました。映画を見た後は絶対に本を買おう、と思っていたので在庫が見つかって嬉しかったです。
帰りのスーツケースの重量を考えて、あまり欲張れなかったのが残念ですが、中古とはいえ新品同様の3冊の合計額は日本で買う1冊よりも安かったです。

IMG_0718_convert_20080515214445.jpg


さてさて、明日金曜日は Rachel Ray Show とお待ちかねのKimmel ShowにClayが出演ですね。
Rachelショーの方は東海岸で9:00AM放映開始が一番早いので、日本時間金曜日の夜10時から。
またKimmelの方は現地時間16日と17日をまたぐ真夜中に放映ですから、日本時間は土曜日のお昼の1時過ぎからですね。今日入ったニュースで、Quianaのマイスペに下記の書き込みがあったそうです。
Kimmelでクレイは歌わない、とされていたけれど、一緒に出演予定だった人がキャンセルとなったため、クレイが歌う時間が取れるのではないか?とのことです。
いずれにしても楽しみです。kaoruさんの画像を取り上げてくれたら、最高なのになあ…。

↓うらばんさんが日本語字幕付きでアップしてくれた昨年のバレンタインデーでの映像です。懐かしいですよね。

The Signing Event at VMS 

5月6日の朝もとても早く、GMAに参加するため 5時起きでした。
リストバンドをゲットしたのがその4時間ほど前でしたから、実質2時間ぐらいしか寝ていません。
それでもJoshには会えると思って出かけたのに、出演は1週間前に終わっていたことが判明しがっかりしたあと、特大のニュースが直後に飛び込んできたのは前記事に書いたとおりです。

サイン会が始まる1時間近く前に現場に現れた私達ですが、午前中に出かけたGMAでの思わぬ展開に興奮気味。
こんなに立て続けにナマクレイに会えるなんて、しかも新しいアルバムのミニコンサートまで聴けるなんて、盆と正月が何十年分も一挙にやってきたようなものですから、無理もありません。
睡眠不足なんてことは忘れるほどのハイテンションで、ぶっ倒れないのが不思議なくらい。
愛しい人に会うためなら、なんでもできちゃうんですよね。

リストバンドがあるのでファンの出足が遅いかと思いきや、すでにたくさんの人が並んでいました。
そこで3人で話題になったのは、地元のクレイファンの身だしなみについて…。

キャンプアウトで疲れ果てているのも分かるけれど、素敵なクレイに会う時ぐらい
少しでも美しい姿で会いたい、と思うのが女心。
私達3人は寝不足の中、しっかり早めに起きて、お化粧をし、お互いのファッションチェックもして駆けつけました。
でもでも、並んでいる人たちの多くは、薄汚れたTシャツに2メートル近くはあるのではないかと思うぐらいの巨大なお尻を収めたジャージーのズボン姿。
お化粧どころか髪すらといていない感じで、FMCさんいわく、
まるで草むしりに来た人たちみたい(笑)
ほとんどの人が中年のオバサンで若い子でさえ、まるで今家出してきましたって感じの服装で、おしゃれなどにはからっきし興味がない、というか、すっかり諦めているって感じなんですよね。
キャンプアウト中、ラクな格好をするのは当然ですし、私達だってホームレスみたいに見えたかもしれません。
でも今日はクレイに会う大切な日なんですよ!
それなのになんで草むしりしてくるような格好で現れるの???
これではあまりにもクレイが可哀想。っということで3人とも意見が一致しました。
オバサンでもいい、太っててもいいんです。
でも髪ぐらい梳いてきて欲しいな。
こういうファンのせいで、クレイメイトやクレイがバカにされている気がしてならないのです。
肥満が社会問題となっているアメリカでは、体重を支えきれずに車椅子や杖を使っている人が本当に多いのです。
アメリカが初めてだったFMCさんはそのことが相当ショックだったようです。
80パーセント以上が体重オーバーだし、、その太りっぷりもハンパじゃなくて、失礼かとは思うけれどどうみても相撲部屋状態で、身だしなみすら整えていないなんて…。
あんな美しいクレイに会うのですから、少しはこぎれいにしてくるのが礼儀ってもんじゃないですか?
そんな中、ごく稀に若くて綺麗なファンを見つけると、何故かホッとする私たちなのでした…。

VMSは巨大なビルで、その地下2階がサイン会会場になっています。
並んで待つ間もずっと新しいアルバムの曲が流れていて、歌詞をすでに暗記しているファンは口ずさみながらその時を待っていました。
2時10分ぐらいでしょうか、大歓声と共に、エスカレーターから降りてくるクレイが登場。
黒いセーターにブルージーン姿で手を振りながらサイン用に設けられたテーブルまで近づきました。

その時の様子がYouTubeにアップされています。途中で撮影を禁止されたようで、カットされてしまいましたが、どのようにサイン会が進んでいったかがわかると思います。



CTNさん、FMCさん、私の順で少しずつ前に進んでいきます。
遠くに小さく見えていたクレイがだんだん大きくはっきり見えるようになっていきます。
クレイは終始とても穏やかな表情で、SPAMALOTも無事に終了し、ホッとしている様子がうかがえました。
前のふたりからのレポートは直接していただくことにして、私の番です。
MaryにCDを渡すのですが、私が裏返して差し出したので、後ろにサインをして欲しいの?と聞かれ
慌てて、「いえ、ここに…」っとジャケットの前を指差しました。
Jeromeが隣で優しく微笑んでいます。
クレイは近くで見ると、内面の美しさが外にほとばしっているかのように輝くほど美しく、まるでほとけ様とかイエス・キリストのような神聖な雰囲気すら漂わせていました。
'Nice to meet you again"と声をかけると下を向いてサインをしながら'What's your name?'と聞かれたので ’Mariko’と答えた瞬間に顔をあげて、私を見つめて、思い出してくれたのでしょうか?
’アリガトウ’っと日本語で言ってくれ、その間ずっと手を握ってくれていました。
彼の手はソフトでとても温かかったです。
目が本当に印象的で、慈愛に満ちたまなざしというのでしょうか?
こんなだから、また何度でも会いに行きたくなっちゃうんですよね。
また一生懸命働いて、貯金しなくっちゃ!

その時サインをしてもらったCDがこちらです↓

IMG_0021_convert_20080510034516.jpg

Camping out in NYC 

Cookieさんの自宅近くの空港Lancasterからテキサスのダラス空港経由で13時間あまりのフライトを経て先ほどようやく帰国しました。

あまりにもたくさんのイベントが目白押しで、途中からはブログどころか寝る時間もほとんどなく、
機内で爆睡。
成田からのバスの中でもひたすら眠り続け、たまったメールの整理をしてようやく落ち着いたところです。

本来なら時系列で報告したかったのですが、サイン会のタイトルを一度掲げてしまったので内容が前後しますが、キャンプアウトから始まったサイン会の報告から。

5月5日の早朝、Mike & Julietショーの参加を終えた私達は、キャンプアウトがすでに始まったという報告をSondraの友人の電話で知り、急いで現場に駆けつけました。

並んでいる人たちはすでに100人を超えていましたが、整理番号を手の甲に書き込んでもらって一安心。
まずはキャンプアウト用のイスを確保するため、私が場所を取っている間、CTNさんとFMCさんにイスを買いに行ってもらいました。
ファンの方に教えてもらった近くのお店に行くと、すでにイスはクレイメイトが買い占めている模様で
なんとか最後のイス二個をゲットし、まずは私がキャンプアウトを開始し、おふたりにはホテルに一旦戻って休憩してもらうことにしました。
生まれて初めてのキャンプアウトは、思っていたよりずっと楽しかったです。
幸いにお天気にも恵まれ、道行く人の中には 「あなたたちはここで何を待っているの?」っと聞いてきます。
あんまりたくさんの人に同じ質問をされるので、ファンのひとりが大きな紙に
”We're waiting here for Clay Aiken "と書いて、質問が出るたびにそれを出して見せていました。
Sony BMGのマーケティング担当者が並んでいる私達にインタビューを始めたので、
「日本から来たのだけれど、日本におけるクレイのプロモは非常にお粗末だし、日本版CDの発売も遅すぎる。もっと国際的な宣伝をして欲しい」っと私が告げると、そばにいたブラジル、シンガポールのファンも賛同してくれて、
「お願いだから、各国のプロモをもっとして欲しい」っと加勢に加わり、担当者は
「是非検討しましょう」っと言ってくれました。

その後、パトロール中のおまわりさん2人がやってきて、私達のおしゃべりに加わりました。
とても人懐こくて優しいおまわりさん達で、記念撮影まで始まりました。
私の年齢を知っているアメリカ人のファンが彼らに「彼女の年を当ててみて…」っと言い出し、
おまわりさんのひとりが 「うーん、24歳???」 ヒエー、お世辞がお上手だこと!
というわけでお礼のハグをしちゃいました。

NYP officers blurred_convert_20080509231412


近くに座っていたクレイファンのひとりがどうしても ipodのshuffleを買いに行きたいけど、アップルストアまでは少し遠いし、どうしよう?っと言っていたので、
私ともうひとりが加わって途中から抜け出してタクシーに乗り、5番街にあるアップルストアに買い物に
行くことに…。

IMG_0606_convert_20080509235507.jpg


ここがそのアップルストアのビルで、CBSのスタジオも入っていて、近くにはセントラルパーク、リッツホテルもあったので、クレイ話で盛り上がる中、そのあたりをブラブラ散策。
キャンプアウト中にこんなことが出来るとは思ってもみませんでした。
お土産用にShuffleとipod Touchを買って帰りました。

Apple Storeの向かい側にあるリッツホテル↓

IMG_0603_convert_20080510000226.jpg


散策中に同行したファンのひとりにGMAの翌日のチケットを手配したら、クレイの出番が翌々日になったため、まだチケットが入手できていないけれど、一応Josh Grobanを見に、GMAに行くことを告げたら
「はるばる日本から来たのだから、GMAの担当者にクレイが出る日のチケットも頼んでみたら?」っと言われ、ダメもとでやってみようかな?っと…。
でもこの時点では、あのようなミラクルが待ち受けているなどとは想像もしていませんでした。

キャンプ場所に戻るとすでにCTNさんとFMCさんがホテルから帰ってきていて、ここで交替。
私はホテルに帰って、久しぶりの睡眠を1時間半ほどむさぼりました。

そしてキャンプ場所に引き返したときには夜も暮れてきて、CDリリースパーティの開催時間も過ぎていたのですが、いつリストバンドが配られるかはっきりしなかったので、パーティーはあきらめて
三人でひたすらその時を待っていました。
そして12時を過ぎたころ、ようやく列が動き出し、念願のリストバンド↓をゲットできたのです。
それにしても、とても長い一日でした。

IMG_0610_convert_20080509223525.jpg


長くなったので、翌日のサイン会は別記事にすることにします。

Good Morning America 

5月6日の朝5時に起床した私達は、着替えを済ませ、6時にはGMAのスタジオへ。
ところがまだ開いていなくて、近くのスタバで朝食を買ってきて、ドアの前でしばらく待っていました。少しずつ人が集まってきましたが、Josh Groban のファンは一体何をしているの?
なぜもっと出てこないの?っと怪訝に思っていたら、
担当者がようやく現れ、Joshの放映が今朝あるけれど、その収録は1週間前に終わったのだとか… しかも今朝のゲストは特に有名人はいない、とのこと…
どうりで、人が集まらないわけです。
がっかりした私達は、もう帰ろうかとも思ったのですが、せっかくだからダイアン・ソイヤーさんに会っていきましょう、
ということで、待機中に 係の優しそうなおじさまとおしゃべりを始めました。
そこで、CTNさんが、
「私達は、日本からクレイに会えると思って、はるばる来たのに、クレイの出演が明日になって本当に残念無念」と語りかけたら、
「大丈夫だよ。僕がなんとかする。明日おいでよ。入れてあげるから」
にわかには信じがたい話だったので、私は何度も念を押して、
「明日の朝は、クレイファンが押し寄せて大変な状況になることは必至なので、
そのような特別扱いは無理ではないか、確実に入れてもらえる保証がないなら、
すでに今日PAに行くつもりで、ホテルも予約しなくてはならない」
というようなことを伝えました。
その間、私達はなんとかこのおじさんに願いを叶えてもらおうと
3人総がかりで色目光線を投げかけ続け、ハグもしてあげたし、
私なんかは、通訳ガイドをしているので東京にお越しの際は、案内をぜひさせて下さい。などと必死な思いをぶつけました。

結局、特別に入れてもらえる約束を取り付けることに成功!

というわけで明日の朝早く ジョシュ・グローバンではなく

クレイが出演するGMAに参加します。

クレイの新しいアルバムからの曲をナマで聞けると思うと、今晩は眠れそうにありません。

GMAの下見をすることになった私達ですが、ダイアンさん、ロビンさんとの記念撮影もできました。ロビンさんもアメリカでは有名な女性キャスターです。
CTNさんがダイアンさんに日本から来たことを告げると
「こんにちは、どうもありがとう」 と日本語で答えてくれました。

                     
follow me on Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。