1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Joyful Noise Tour 2012: Anaheim, California 

JNT2012、19日目の最終日はカリフォルニア州アナハイムです。
とうとうクレイのXmasツアーも今日で終わってしまうんですね。毎日クレイの歌を聴いていると、ずっと続くものと思ってしまいがちですが。

さて、会場はハイウェイ沿いにあるCity National Grove at Anaheimです。
とても広いホールで、座席数でいえば1700席と普通ですが、下の写真を見てもお分かりのように、1Fの座席がほぼすべてテーブル席というのが広く見せている理由ではないかと思います。

写真ではステージに近いオーケストラ席が丸テーブルですが、今回そこは通常の一人席が3列ほどあるエリアになっていました。あとはすべて同じような長テーブルの席です。

City National Grove at Anaheim

CityNationalGrove1 CityNationalGrove2

そこにサプライズ・ゲストが現れたんです!
ステージに近い位置にある長テーブルに、今年の春クレイとCelebrity Apprenticeで共演して優勝したArsenio Hallが、息子さんやGF、友人達を引き連れて、クレイのコンサートを見に来たんです!

既に自分の席にスタンバっていたClaymates達は彼を見つけるともう大喜びで、そのうちの何人かはArsenioに直接挨拶に行き、彼はとても丁寧に接してくれたそうですよ。
来てくれただけでも嬉しいのに、家族や仲間を引き連れて来てくれたのが嬉しいですよね。

でも今日はご心配なく、1700席の座席が開場すぐにすでにほぼ満員でしたから
それと観客の割合いに男性が多く、中にはゲイ・カップルとはっきり分かる人達もチラホラいたとか。さすがカリフォルニア!(笑)
でもCVの常連の皆さんはとても喜んでいましたよ。普段クレイの歌を聴かない一般人が大勢来てくれたことが嬉しいんですから。デトロイト公演がキャンセルされただけに、これは本当に良かったですよね。

SET LIST - Dec 21 Anaheim
All is Well
Christmas Waltz
O Holy Night
Away in a Manger/Little Town of Bethlehem/Silent Night
Hark The Herald Angels Sing/O Come All Ye Faithful
Story
Mary Did You Know
Story banter/Jacob Leaving
O Come, O Come Emmanuel
Welcome To Our World
Most Wonderful Time/Sleigh Ride/Jingle Bells/Winter Wonderland
Story
Merry Christmas With Love
What Are You Doing New Year's Eve
Fan Banter - Christmas Songs in Bucket
 Jenna … "The Twelve Days of Christmas"
The First Noel
Story
I'll be Home for Xmas/The Xmas Song/Have Yourself a Merry Little Xmas
My Grown Up Christmas List
Band Intro
Don't Save it All for Christmas Day
All Year Long

さて内容ですが、昨日ちょっと疲れが見えたクレイのノドのためか、今日彼はいくつかの歌のキーを若干ですが下げていました。きっとBenの指示があったんでしょう。彼なら、オーケストラとのリハーサル時にでも、楽譜を少しいじるくらいなら朝飯前でしょうからね。

ちなみに普段Benがやっている仕事は、Broadwayのとある劇場のオーケストラ・ピットにいるプロデューサー兼ピアノマンです。
というのも、彼にはミュージカルばかりやっていると感性が鈍るというポリシーがあり、スケジュールを調整してわざとクレイのコンサート・クルーになっているわけです。空きがないときは、わざわざ代役を用意してまでやっているそうです。Benが言うには、同じような事は、あの業界にいるなら誰でもやっていることだそうですよ。

その彼が指示するなら、歌に関して頑固なクレイも納得しないわけにはいかないでしょう。
でも、中には高音にしないはずが、クレイのくせなのか普段と同じキーになってしまっている歌もあったみたいですけど

それと、例のXmasソングの歌詞当てゲームですが、今日は8歳の女の子が挑戦して、見事な歌を歌い商品券をGetしたようです。この女の子にクレイはメロメロだったようですけど、実際はどうでしょうね?

それらの様子を知りたくて、私はアメリカが22日になるまでClackが出るのを待っていたんですが、なかなか出てこなかったんです。最終日だし、Scarlettさん達は打ち上げパーティーでもやっていたんですかね?(笑)
そして、今やっとYoutubeにアップされはじめました。
CUにも入ったら追記しますので、お待ちになっていて下さい。

Clay Aiken Joyful Noise Tour 2012 - Anaheim CA, Dec. 21st
Video by Scarlett



そして、今日もまたClackと同じ理由なのか写真が少ないです。
Twitterの写真、またはCUにアップする前に自宅でビデオをチェックしていた人がスクリーン・キャプチャしてくれた画像しか、今のところありません。

Anaheim5.jpg Anaheim4.jpg 
Anaheim3.jpg Anaheim2.jpg

さて、もうこのJoyful Nose Tour2012も終わりです。
CVでは、クレイのことだから「きっと今度は夏に何かのイベントをやってくれるわよ」と言っていました。
私としては、その前にEPでも良いから新しいCDを出してほしいんですけどね~。かろうじてDeccaにつながっている今は無理でしょうけど(^^;)
とにかく、来年のクレイのキャリアに期待しましょうか!

Thank you Clay!!!
thank you

by sidney
スポンサーサイト

Joyful Noise Tour 2012: Chandler, Arizona 

JNT2012、18日目はアリゾナ州チャンドラーです。
あと明日でこのXmasツアーが終わるなんて信じられないです。月日が経つのが早いですね~。

会場はチャンドラー郊外にあるWild Horse Pass Casinoです。

Wild Horse Pass Casino

今回、チャンドラーという街を私は初めて知ったので、ウィキペディアで調べてみました。

ここはアリゾナ州の中でも色んな都市やインディアン居留地に囲まれていて、一応は州都フェニックスのベッド・タウンに位置している街だそうです。でも車でもけっこう遠いので、インテルや他の企業はサテライト・オフィスをここに置いてるそうですよ。たしかに、下の写真を見るとどう見ても砂漠の中にある建物ですもんね(笑)

WildHorsePassCasino1 WildHorsePassCasino2

ホールじたいはとても綺麗で大きく、インディアン居留地近くにありがちなカジノ併設で、近隣の憩いの場であろうアミューズメント・パークになっています。
劇場も座席数1386と大きめですし、これまでは1000にも満たないホールが多かったので、やっとクレイの声を充分に披露できる場所になりました。

ただ、最初の報告では空席が半分はあるということで、CVの常連の皆さんはとてもガッカリしていて「なぜ?彼にはもっと集客できる価値があるのに!」とか、「週末じゃなくてXmasなのにね…土曜日の夜なら違ったかしら…」と色々と集客数が上がらない理由を想像していました。

私は、場所とアナウンスの遅さが原因かなとチラッと思っていましたけどねだって、OFCでアリゾナが発表されたのは11月初旬ですから、約1ヶ月半でチケットを売らないといけない劇場サイドは大変だろうなと内心思っていたんです。それが悪い方に的中してしまったんじゃないでしょうか。

でもそのうち、「大丈夫。カジノも半分はガラガラよ。クレイも納得してるんじゃない?」という報告があり、皆さんはそれで復活したようでした
そして、コンサートがはじまる頃には、「会場はうまく満員になって来たわ!」という報告があり、結局は8割ほどの入りだったそうです。カジノのお客さんが移動して来たんでしょうかね?(ということは…カジノは閑古鳥?笑)
それにしても良かったです。CVの皆さん早合点しすぎ(^^;)

さて、今日はちゃんと地上にある劇場だったのでCellstreamの音も良く、Banterも綺麗に聞こえたようで、CVも数日ぶりのCellcertにはしゃいで数ページも多く書き込みがありました(笑)
たしかに、今日は会場が大きかったのでオーケストラも人数が多く、とても良い音で演奏していたようです。

SET LIST - Dec 20 Chandler
All is Well
Christmas Waltz
O Holy Night
Away in a Manger/Little Town of Bethlehem/Silent Night
Hark The Herald Angels Sing/O Come All Ye Faithful
Story
Mary Did You Know
Story banter/Jacob Leaving
O Come, O Come Emmanuel
Welcome To Our World
Most Wonderful Time/Sleigh Ride/Jingle Bells/Winter Wonderland
Story
Merry Christmas With Love
What Are You Doing New Year's Eve
Fan Banter - Christmas Songs in Bucket
 Ethel … "The Twelve Days of Christmas"
The First Noel
Story
I'll be Home for Xmas/The Xmas Song/Have Yourself a Merry Little Xmas
My Grown Up Christmas List
Band Intro
Don't Save it All for Christmas Day
All Year Long

ただ、その久しぶりのCellstreamのせいで、皆さんは自分が聞くことに背一杯で、書くことといえば「クレイの声すごい!」とか「きっと今までで一番ね」などの感想しか書いてくれず、ほとんどRedリポートはなくて、音が聞けない私はもう何がなんだかという感じでした。こうなると、私にとってはCellstreamがダウンしたおとといのビーヴァー・クリークと同じです。

ということで、今日もScarlettさんのビデオをご覧になって内容を把握してみて下さい。クレイ、少し声に疲れが出てきたかな?
そのうち、CUにも他の方のビデオがアップされると思いますので、もう少しお待ち下さいね。

Clay Aiken Joyful Noise Tour 2012 - Chandler, AZ
Video by Scarlett



間が悪いことに、今日は写真もほとんどありません。きっと明日のアナハイムに皆さん一挙に移動してるんでしょうね

Chandler1.jpg 
Chandler2.jpg

by sidney

Joyful Noise Tour 2012: Beaver Creek, Colorado 

JNT2012、17日目はコロラド州ビーヴァー・クリークです。

会場はVilar Performing Arts Centerで、ここはもう山の中にあるスキーリゾートです。

Vilar Performing Arts Center

VilarPerformingArtsCenter5 VilarPerformingArtsCenter4

私がこの会場の写真を検索したところ、上のように周辺が分からない夏の山荘のような写真だけが出て来たので、きっと日本の軽井沢みたいな場所かなと思っていたんですが、Satoruさんに教えてもらったところ全然違ったようです(^^;)
はい、下の写真を見ると思いっきり「湯沢」ですね(笑)

bing.com - Vilar Beaver Creek

Vilar Beaver Creek

そして、そんな山の中でCellstreamは大丈夫かと前々から思ってましたが、悪い予感は当たるものですね。
2010年のTimelessツアーでは、ワシントン州の山の中、スノコルミーでCellstreamダウンしてましたから「もしかして?」と思っていましたが(^^;)、当時はまだCHの電波がかろうじて生きていたので何とかなりました。でも、もう今日はCV(Clayversity)、CH(The Clackhouse)、CB(The Clayboard)と、主要なクレイの掲示板ではすべてアウトでした

でもですね、それは別に山の中だからじゃなかったんです。ここはリゾート地なだけにネットや電話などのアクセスはしっかりしているようで、ここに家族が住んでる人が言うには「普段はなんのトラブルもなく電話してるわよ」と言っていました。そう、原因は会場のホールじたいにあったんです。

このホールは座席数530と小さいホールですが、それは山荘内にあるわけではなく、外にあるアイスリンクの地下に建設されていました。つまり、コンクリートと鉄筋で頑丈に固められた箱の中にあったわけです。
…携帯の電波が通じないわけですよね~

SET LIST - Dec 18 Beaver Creek
All is Well
Christmas Waltz
O Holy Night
Away in a Manger/Little Town of Bethlehem/Silent Night
Hark The Herald Angels Sing/O Come All Ye Faithful
Story
Mary Did You Know
Story banter/Jacob Leaving
O Come, O Come Emmanuel
Welcome To Our World
Most Wonderful Time/Sleigh Ride/Jingle Bells/Winter Wonderland
Story
Merry Christmas With Love
What Are You Doing New Year's Eve
Fan Banter - Christmas Songs in Bucket
 Raquel Walder … "Silver Bells"
The First Noel
Story
I'll be Home for Xmas/The Xmas Song/Have Yourself a Merry Little Xmas
My Grown Up Christmas List
Band Intro
Don't Save it All for Christmas Day
All Year Long

なので、上のセットリスト以外は詳しいコンサート内容が分かりません。
でも、いつものようにScarlettさんがたくさんビデオClackを撮ってくれたので、それをご覧になって下さい。

Clay Aiken Joyful Noise Tour 2012 - Beaver Creek, Dec. 18th
Video by Scarlett



BeaverCreek3.jpg 
BeaverCreek2.jpg

by sidney

Joyful Noise Tour 2012: Milwaukee, Wisconsin 

JNT2012、16日目はウィスコンシン州ミルウォーキーです。

今日の会場はNorthern Lights Theater at Potawatomi Casinoで、インディアン特別区のカジノとして運営されているリゾートホテルの中の劇場です。

そして、ここは2010年のTimelessツアーでも使用されました。

Northern Lights Theater at Potawatomi Casino

NorthernLightsTheatre1 NorthernLightsTheatre2

座席数500と本当に小さい劇場ですが、昨日のSt. Charlesと比べると雲泥の差で音響も良く、舞台演出も豪華で、とても綺麗なホールだそうです。

クレイも「この素晴らしい音響効果で、自分自身歌っていて歌詞にとても感銘を覚えた」と言ったほどです。よほど「ポルターガイスト劇場」にこりたんでしょうね~

Milwaukee5.jpg

そして、実は私にも素晴らしいことが起こりました!
今日の会場にも行かれていて、ステージから4列目で見ていたHiroさんから、なんと私の携帯電話にCellstreamが掛かったんです!もちろん国際電話の!

はじめは、通話ボタンを押しても雑音がするばかりで、イタズラ電話かな?と思ったんですが、すぐにクレイのO Holy Nightが聞こえて来て、もう聞き入ってしまいました。少しノイズはするものの音はとても良く、クレイの最後の高音に至るまで本当に素晴らしかったです今回ばかりは、携帯電話に録音ボタンが無いのが悔やまれましたよ。

ただ、会場のセキュリティー上の問題はあると思います。でも遠い日本への一度きりの行為ですから、Potawatomi Casinoさん、なんとかお目こぼしを

Hiroさん、本当にありがとうございました!!無事に帰国されますように。

SET LIST - Dec 16 Milwaukee
All is Well
Christmas Waltz
O Holy Night
Away in a Manger/Little Town of Bethlehem/Silent Night
Hark The Herald Angels Sing/O Come All Ye Faithful
Story
Mary Did You Know
Story banter/Jacob Leaving
O Come, O Come Emmanuel
Welcome To Our World
Most Wonderful Time/Sleigh Ride/Jingle Bells/Winter Wonderland
Story
Merry Christmas With Love
What Are You Doing New Year's Eve
Fan Banter - Christmas Songs in Bucket
 Jim … "The Twelve Days of Christmas"
The First Noel
Story
I'll be Home for Xmas/The Xmas Song/Have Yourself a Merry Little Xmas
My Grown Up Christmas List
Band Intro
Don't Save it All for Christmas Day
All Year Long

そのClackはまだほとんどありません。Clack Gatherersの皆さんは、次の会場に移動していて忙しいらしく、いくつかこっそりYoutube上にアップしてくれているのが見つかっているので、それをご紹介しますね。

追記: CUにClackがやっと入り始めました!

Clack Unlimited.com - 2012_JNT/Milwaukee

そして、DeemerさんのClackを見ていただけると分かるんですが、クレイはHSGIRLさんとHiroさんとBanterしたんです!これはお二人に直接お聞きした後、ビデオでも確認できました。

クレイはDon't Save it All for Christmas Dayの前に必ず長いBanterをしていると以前の記事でもお話しましたが、今回は「ニュージーランドから見に来てる人がいるんだよ」と話し出したんです。これにHSGIRLさんがすかさず「日本からも来てるよ!」と声をかけ、クレイがそれに反応!(なにせ4列目ですもんね)クレイがHSGIRLさんに聞き返し、彼女が返答してクレイがそれに冗談&いじり倒しをして、けっこう笑いを取るシーンでした。

そして、最後にクレイは「日本に行った方が良いのかもね」とペロッと言ってくれたんです!まあ、リップサービスかもしれませんが、Hiroさんにもちゃんと「日本から来てくれてありがとう」と言ってくれました。これは本当に嬉しいですよね!
ちょっと長いですが、これは追記してでもお知らせしなくてはと思い、お二人の了解を得て書きました。
やったねHSGIRLさん、Good Jobです! Hiroさん、Congrats!

Satoruさんのブログで、詳しいやりとりを翻訳していただいてるので、興味がありましたら右の「リンク」欄からどうぞ。


下のビデオは、CV常連のluckiest1さんの娘さんが撮影してくれたそうです。



Milwaukee2.jpg 
Milwaukee3.jpg

by sidney

Joyful Noise Tour 2012: St. Charles, Illinois 

JNT2012、15日目はイリノイ州セント・チャールズです。

前記事のとおり、14日のデトロイト公演がキャンセルされてしまったため、その日一日しかクレイのXmasコンサートに行く予定がなかった人、またその日のMeet & Greetに当選していた人達は本当に悲しんでいました。楽しみにしていたすべてが無くなってしまったんですもんね。

でも、今日のSt. Charlesがまだチケットが残っていたので、急きょ今日行くことにした人もいたようです。それは本当に良かったと思います。もし私だったら泣くに泣けない状態だったでしょうから。

さて、今日の会場はArcada Theatreです。
1926年竣工の本当に古い劇場で、座席数も900席と小さい会場になりました。

Arcada Theatre

ArcadaTheatre1 ArcadaTheatre2

ただ古さの中にも内装的にはシックな面も見せていたようですが、そういう「見た目」以前の、劇場じたいの音響と裏方の部分ではかなりの問題があったようです。

CVのある常連のファンが言うには「この古い劇場にはポルターガイストがあるわね。ライトが上下に勝手に動くし、スピーカーは壊れるし、マイクからは異音がするんだもの」ですって!
そして、隣のバーからこの劇場まで音声がかなり漏れていたようですね。だから、劇場スタッフがきちんとドアを閉めていなかったのが原因ではないかと、CVでは噂されています。

実は、今日はいつもこのAFCにコメントをしてくれているHSGIRLさんとHiroさんがこの会場に行っていて、感想をメールでいただいていたんですが、これについては同じように言っていました。裏方の舞台装置の操作にはかなりの問題があったらしいです。それと機材の老朽化も一因でしょうか。

とにかく、クレイは問題もものともせず朗々とXmasソングを歌い上げ、そしてまた例のケイタイのBanterをやりだし、Kマートに勤めてる友達に電話していたという人の携帯電話を取り上げて、Kマートに掛けちゃったんですよ。

これはCVでも話題になっていましたが、詳しくはHSGIRLさんとHiroさんからの情報です。(お二人ともサンキューです!)
でも、お店だと一般からの電話は通常受付が対応しますよね。そしてその担当者はクレイが名前を言っても「はあ?」っていう感じで、しかも本人はもういないから自宅にかけろと。そして一方的に電話を切ったんですって!クレイはというと「Walマートに行った方が良いかもね」だそうです(笑)

でも、Kマートにはいなかったそのお友達の家にもクレイは律儀に電話したんですが、それにも誰も電話に出なかったようですよ。
あとからその当人がCVにコメントして来て、「私、Kマートの仕事から帰宅してからすぐシャワー浴びていたのよ~!何で私はクレイの電話に出なかったの~~~!」と悔しがっていました。う~ん、間が悪かったとしか言いようがないですね~。人生、そういうこともありますよね。残念。

SET LIST - Dec 15 St. Charles
All is Well
Christmas Waltz
O Holy Night
Away in a Manger/Little Town of Bethlehem/Silent Night
Hark The Herald Angels Sing/O Come All Ye Faithful
Story
Mary Did You Know
Story banter/Jacob Leaving
O Come, O Come Emmanuel
Welcome To Our World
Most Wonderful Time/Sleigh Ride/Jingle Bells/Winter Wonderland
Story
Merry Christmas With Love
What Are You Doing New Year's Eve
Fan Banter - Christmas Songs in Bucket
 Erin … "The Twelve Days of Christmas"
The First Noel
Story
I'll be Home for Xmas/The Xmas Song/Have Yourself a Merry Little Xmas
My Grown Up Christmas List
Band Intro
Don't Save it All for Christmas Day
All Year Long

そして、コンサート後半のMy Grown Up Christmas Listの前には、クレイはつい先日アメリカのコネチカット州で起こった小学校での銃撃事件と、その犠牲で亡くなった26人もの児童と教師達のために黙祷を捧げました。
自分も教師だったのでクレイは色々と思うところがあったようです。事件発生直後もTwitterでつぶやいていましたしね。

まだScarlettさんのClackはありませんが、Canfly172さんがその一部始終を撮影してくれていました。
ぜひご覧になってみて下さい。

Clay Aiken Pays Tribute Connecticut Victims And Sings MGUCL in St. Charles
Video by canfly172


StCharles4.jpg StCharles2.jpg 
StCharles1.jpg StCharles3.jpg

by sidney
                     
follow me on Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。